日本臓器製薬について

ホーム > 日本臓器製薬について > 沿革

沿革

昭和14年10月 大阪市生野区に株式会社大日本臓器研究所を創立。
昭和17年  4月 本社及び工場を大阪市平野区に移転。
昭和24年  6月 アレルギー疾患の研究と診療のため、日本臓器体質病研究所を開設。
昭和29年12月 小西甚右衞門氏、相談役として経営に参画。
昭和35年  8月 塩野義製薬株式会社との総代理店契約を円満に解消し、製品の自主販売を開始。
昭和36年  1月 社名を日本臓器製薬株式会社と改名。
昭和39年  5月 相談役小西甚右衞門氏、社長に就任。
昭和40年  5月 スイス・ビオバザール社及びフランス・プロメディカ社と業務提携成立。
昭和45年10月 第1回日仏アレルギー会議を提唱し、パリ大学において開催。以後、3年毎に日仏で相互開催。
昭和46年  4月 大気汚染防止機器エアロピュール®の製造販売のため日本エアロピュールを設立。
昭和51年11月 ノイロトロピン®特号3cc新発売。
昭和55年10月 第1回日中免疫アレルギー会議を北京、上海にて開催。
昭和57年  3月 日中基礎医学交流と人材育成のため上海に「中日血液学免疫学研究センター」を日中合作により設立。
昭和58年  6月 生物活性科学研究所竣工。
昭和58年11月 財団法人小西国際交流財団を外務大臣認可により設立。
昭和60年  4月 第1回日・ソ・ブルガリア情動ストレス会議を生物活性科学研究所国際会議場にて開催。
昭和60年10月 第1回日仏中免疫アレルギー会議(第6回日仏アレルギー会議、第5回日中免疫アレルギー会議)を北京、上海にて開催。
昭和60年11月 生物活性科学研究所、兵庫県全土公園緑化構想の「みどりの建築賞」を受賞。
昭和61年  4月 小野緑園工場竣工。
昭和61年  4月 「自らの企業を自ら守る」考えのもとに日本臓器自警団を設立。
昭和62年  7月 第1回日中合作上海国際医学セミナーを上海にて開催。
昭和63年  7月 ノイロトロピン®錠新発売。
昭和63年10月 第7回日仏アレルギー会議(設立20周年記念会議)をクロ・ブジョーにて開催。
平成  6年  1月 北京事務所設立。
平成  6年  9月 日中合弁企業 上海小西生物技術有限公司設立。
平成  6年  9月 ノイロトロピン®錠中国で輸入承認。
平成  6年11月 ノイロトロピン®特号3cc中国で輸入承認。
平成  8年11月 技術研究所竣工。
平成11年  5月 小西サウスカロライナ医科大学炎症研究所設立。
平成13年  4月 マスチゲン®-S内服液新発売。
平成13年  4月 ゼットブリン®注新発売。
平成13年11月 アイストローチ®新発売。
平成14年  1月 小西龍作氏、社長に就任。
平成15年  7月 インテグラン®プレスシート新発売。
平成17年  2月 マスチゲン®ローヤル新発売。
平成17年  2月 米国駐在事務所開設。
平成17年  5月 上海小西生物技術有限公司 星火工場竣工。
平成17年  6月 マスチゲン®-S錠 シート包装新発売。
平成17年12月 小野緑園工場 第2製造棟竣工。
平成19年  7月 ジロクフェナクNa製剤新発売。
平成19年11月 生物活性科学研究所 新研究棟竣工。
平成20年  4月 製剤研究所棟竣工。
平成20年  7月 メロキシカム速崩錠新発売。
平成20年  7月 青島小西生物技術有限公司 新工場施工。
平成20年  7月 営業車にハイブリット車の導入を開始。
平成20年  7月 NZ-419の開発ライセンス契約を韓国・現代薬品工業(株)と締結。
平成20年  8月 ベトナムにニュージーランドホワイト兎養殖場竣工。
平成21年  9月 東京第一支店、第二支店を東京都千代田区の自社ビルに移転。
平成22年  7月 ラックル®新発売。
平成23年  6月 小西医薬信息諮詢(北京)有限公司設立。
平成23年12月 小西ベトナム生物技術有限会社設立。
平成25年12月 日本臓器ベトナム有限会社設立。
平成27年  6月 アガラン®錠新発売。
平成27年  7月 コフト®顆粒全国発売開始。
平成28年  4月 マスチゲン®錠新発売。
平成28年  9月 ビーマス®s速溶錠新発売。
平成28年12月 ケトコナゾール外用ポンプスプレー2%「日本臓器」新発売。
ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「日本臓器」新発売。
平成29年  1月 日本臓器ベトナム有限会社がイエンバイ省に兎舎第一期工事を完成。
平成29年  5月 日本臓器製薬が愛知医科大と「疼痛診療支援AIシステム」を共同開発開始。
平成29年  6月 モンテルカストナトリウム錠5mg,10mg「日本臓器」新発売。
平成29年  9月 ルナールi新発売。

ページトップへ戻る