日本臓器製薬の取り組み

ホーム > 日本臓器製薬の取り組み > 研究・開発&生産 > 各施設のご紹介 > 生物活性科学研究所

各施設のご紹介

  • 生物活性科学研究所
  • 製剤研究所
  • 小野緑園工場

生物活性科学研究所

iBAS

1983年に兵庫県社町(現加東市)に設立されたこの研究所では、生理活性物質を研究テーマの中心に置いて、医薬品開発の基礎研究が行われています。生体機能の調整や防御物質の研究など化学合成物質に偏ることなく、生体を中心とした発想を重視する研究姿勢は医科学の新分野を開拓するものと期待されています。
一方研究所敷地内には小西記念館が併設されており、国内外の来賓の憩いの施設として、また研究員の自由な交流の場として利用されます。

海外研究員

動物実験における倫理的配慮

MAP

小西記念館

ページトップへ戻る