日本臓器製薬の取り組み

ホーム > 日本臓器製薬の取り組み > 研究・開発&生産 > 各施設のご紹介 > 製剤研究所

各施設のご紹介

  • 生物活性科学研究所
  • 製剤研究所
  • 小野緑園工場

製剤研究所

研究開発段階で確立された医薬品原料の有効性、安全性ならびに品質を製剤においても確保することは非常に大切です。
とくに、生理活性物質の製剤化において、安定した品質を得ることは、通常たいへん難しく、独立した部門を設け、製剤技術の開発に不断の努力をつづけています。
また、製剤学的な技術によって、速効性や徐放性を高めたり、標的臓器への薬物の運搬を図るなど、医薬品の有効性と安全性をさらに高める研究も行っています。
多数の新薬候補物質も、高度な製剤技術があってはじめて市場ニーズに即応した製品となります。

日本臓器製薬では、製剤研究に加えて、有効物質の抽出、効力確認、合成を通じ有用性の高い、高付加価値の医薬品を医療機関に提供するため製剤研究所を設立し、製剤技術の革新的な開発に取り組んでいます。

ページトップへ戻る