ラックルQ&A

ご存知ですか?「飲む腰痛薬」

飲んで腰痛に効く「ラックル」。使い方、効能、成分、安全性についてよくあるご質問にお答えします。

ラックルQ&A

アセトアミノフェンって腰痛に効くの?

実は欧米では一般的な対処法です。
欧米だけでなく日本でも腰痛の治療薬にアセトアミノフェン(解熱鎮痛成分)が第一選択薬として推奨されています。(腰痛治療薬のガイドライン)

鎮痛剤って「頭痛・生理痛」のときに飲むものでは?

腰痛も頭痛・生理痛と同じ「痛み」です。
市販の鎮痛剤には「頭痛、生理痛」が主な効能のように記載されていることが多いため、鎮痛剤は「頭痛、生理痛」のお薬という考え方が定着しているようです。でも、腰痛も頭痛・生理痛と同じ「痛み」。腰痛をやわらげるために内服の鎮痛剤を使うことは不思議ではありません。

自分に合うのか心配…重篤な患者向けのお薬?

自分に合ったお薬をお選びください。
鎮痛剤はだれでも等しく効果があるとはいえませんが、その人に合った鎮痛剤はあるように思います。内服の鎮痛剤が外用のシップ剤などに比べて重篤な患者様向けということはありません。安心してお使いください。

腰痛といえば「シップ剤」 じゃないの?

日本では病院でも薬店でもシップ剤がよく使われています。
日本では、腰痛でお医者様の診察を受けて処方されたお薬、また、ご自身で薬店・薬局などで購入されるお薬にはシップ剤が多いようです。このような経験から、腰痛のときシップ剤になじみを感じられるのではないでしょうか。

本当に安全ですか?副作用のリスク、ありませんか?

比較的安全なお薬、「アセトアミノフェン」
多くの鎮痛剤は効果が期待できる一方、消化器官を傷めるなどの副作用もあるため、使用上の注意をよく読んでから服用することが大切です。「ラックル」の成分は、比較的副作用が少ないといわれているアセトアミノフェンで、15歳以上のお子さまからご高齢の方まで幅広く使われています。

急な腰痛にも対処できる?

使いやすくて、早く効く 「ラックル」
急性腰痛、慢性腰痛、ひどい腰痛などの場合、まずはお医者様の診断を受けましょう。「ラックル」は、日常的な腰の痛みを一時的に取り除きたい場合などに服用されてはいかがでしょうか。
ページTOPへ