入社希望の皆さまへ

ホーム > 入社希望の皆さまへ > 多彩な制度

多彩な制度

社員が自主的に自己研鑽に励める自由闊達な社風
生きがいのある人生を通して社会に奉仕するという企業理念
これらが、多彩な制度として結実されています。

経営協議会

従業員代表と経営者が対等の立場に立って討議する場が経営協議会です。
経営協議会で検討した待遇や経営上の諸問題は、必要に応じて会社の意思決定機関(取締役会等)に諮られ、会社方針として実施されます。

目標管理制度

毎年度の事業計画に全従業員が参画するユニークなシステムです。
社員一人一人の計画をもちより、それが課、部単位に積み上げられて会社全体の年度計画が決められます。これがわが社の目標管理制度です。計画の立案から遂行までのプロセスを自分自身が責任をもち、各自が自発的に自己の能力を啓発することを主眼としたこのシステムは仕事へのやりがいと充実感をもたらします。

新人事制度

新人事制度の導入により、年功序列型賃金体系から、目標管理に基づく能力主義による待遇を取り入れ、意欲性を喚起するとともに、能力と年功のバランスをとった公平な処遇を実施しています。さらに、日本では国際化が進む中で、賃金面でも年俸制という国際的ルールの適用がふえていますが、当社も知識集約型産業である医薬品メーカーとして、個々の従業員の自己の業績を基準とする年俸制へ移行しつつあり、既に当社の管理職には年俸制が適用されています。

自己申告制度

適材適所の実現のため、年一回自己の適性、仕事の内容、勤務地等について各人が自分の要望を申告します。さらに、家庭環境等個人の要望にも考慮した上で、人事配置が検討されます。若年時に2~3の職種を経験することにより、各自が持てる能力をフルに発揮できるよう努めています。

留学、研修制度

優秀な技能、企業人としての豊かな社会性こそ企業を支えるものです。
研究員の海外留学研究派遣、海外研修、国内大学研修、社員研修などに力を注ぎ、社員の能力向上をはかっています。

企業年金制度

国の社会保障制度とは別に独自の企業年金制度があります。
永年の労をねぎらい、リタイアメントに明るい灯をそえる企業年金は、社員一人一人の生涯設計を支援しています。

各種報奨制度

年度ごとに社長賞、事業本部賞、永年勤続及び皆勤表彰に加え、社員の有益な発明・アイデアに対して発明考案報奨、職場における改善等の提案に対して合理化提案報奨、重要な医薬情報の提供に対して情報賞などの各種報奨制度を実施しています。

家族ボーナス制度

半期ごとに無遅刻、無欠席で勤務した社員には、その間の家族ぐるみの支援に報いるため家族ボーナス制度を設けています。

社員貸付金制度

社員が不意の災害や不幸、子女の結婚、教育などにより緊急にやむを得ない資金の必要が生じた場合には、会社より資金貸付を実施しています。

ページトップへ戻る