日本臓器製薬の取り組み

ホーム > 日本臓器製薬の取り組み > 研究・開発&生産 > 各施設のご紹介 > 生物活性科学研究所 > ひろがる国際共同研究

ひろがる国際共同研究

米国国立衛生研究所(NIH)(米国・メリーランド州)

NIHの神経疾患・脳卒中研究所とは共同研究関係にあり、研究員を派遣し、神経生理学分野での基礎及び臨床研究を精力的に行っています。

アーウィンJ.コピン博士
(Dr.Irwin J.Kopin)(右端)
弊社研究員(右から2番目)
とNIHスタッフ

カリフォルニア大学デービス校(UCDavis)(米国・カリフォルニア州)

医学部のリウマチ学・アレルギー学及び臨床免疫学部門とは免疫・アレルギー分野での共同研究を行い、研究員を順次派遣して、アクティブに研究を行いました。

M.エリック ガーシュイン教授
(Prof.M.Eric Gershwin)(左)
と当社研究員(右)

サウスカロライナ医科大学(MUSC)(米国・サウスカロライナ州)

サウスカロライナ医科大学には小西MUSC炎症研究所を設置し、研究員を派遣して炎症分野に関わる多方面の共同研究を行いました。

アランP.カプラン教授
(Prof.Allen P.Kaplan)
兼小西MUSC炎症研究所所長

エモリー大学(米国・ジョージア州)

エモリー大学医学部病理学実験医学部門とはウイルス学分野で共同研究を行いました。

アフタブA.アンサリ教授
(Prof.Aftab A.Ansari)

ページトップへ戻る